イベント&ニュース

装飾装飾

装飾装飾

2018.04.10ニュースニュース
スタッフのひとりごと♡4/10

「浜名湖オルゴールミュージアムからすぐそこ!かんざんじ温泉!実は恋人の聖地!」

浜名湖オルゴールミュージアムのある大草山展望台には桂由美の名が書かれた恋人の聖地の銘板があります。けれど、この銘板が指定している恋人の聖地は、大草山展望台でも浜名湖オルゴールミュージアムでもありません。大草山展望台から眼下に広がる浜名湖の湖畔、かんざんじ温泉です。

昭和初期は、舞阪や新居の漁師たちが出漁前の祈願や大漁のお参りに舘山寺を訪れていました。その際に割烹料亭などで芸者遊びをしていく場所だったようです。その後、鷲津港から出ていた浜名湖巡航船が鉄道省と提携し、乗客の連帯輸送も始まります。遠方から鷲津駅で降り、巡航船で瀬戸を経由し、舘山寺に訪れる方も増えていきます、その影響で旅館も増えていきました。1958年(昭和33年)には、試掘した泉質を分析検査していた静岡県の温泉審議会が5月19日に許可し、かんざんじ温泉が誕生し更に大きくなっていきます。現在では、静岡県下最大の天然温泉「華咲の湯」もあり、賑わいをみせています。

上記の写真は「華咲の湯」

華咲の湯は2種類の源泉と26箇所のお風呂を備えた静岡県下最大の温泉施設です。源泉は、姉妹館のホテル九重敷地内から湧き出る自家源泉と、舘山寺温泉の源泉を使用しています。また、華咲の湯には、桧香の湯、石景の湯、ダイダラボッチの湯と3つの湯があります。泉質は、泉質ナトリウム・カルシウム塩化物温泉効能神経痛や関節痛などの各種痛みに効能があるといわれています。保温・保湿効果が持続し、お肌にもうれしい効果が期待できます。 源泉自家源泉(ホテル九重敷地内) 桧香の湯では、自家源泉のみを使用している茶褐色の湯「かんざんじ黄金(こがね)の湯」<昇温循環>と、無色透明の湯「かんざんじ白金(しろがね)の湯」<昇温循環・ろ過・加水>の2種類の温泉を堪能いただけます。

温泉が素晴らしいかんざんじ温泉。恋人の聖地に指定されている理由は何でしょう?

まず舘山寺。ここには縁結び地蔵やお守り付きの恋愛おみくじを購入することができます。さらに、恋愛の願懸け絵馬の奉納もできます。オルゴールミュージアムのスタッフには、ここのお守りの効果を信じているスタッフがいます。ただ、自分で買っては効果がないのだそうです!誰かに舘山寺のお守りを買ってきてもらうとその効果はてき面だという噂も耳にします。本当に結婚したい人は、ぜひ試してみてください。

次に、かんざんじロープウェイとオルゴールミュージアムが販売しているカップルチケッ2!こちらも、恋人たちの強い味方です!

ロープウェイの往復とオルゴールミュージアムの入館と体験工房の基本料金がセットになったチケットです。

ロープウェイって普段乗らない乗り物ですよね!

旅行に来た気分を盛り上げてくれるんです!二人で浜名湖を渡ったね!って記念になります!

大草山展望台は360℃景色を見渡せますので、カップルでゆったり眺めてみるのも良いですね!

オルゴールミュージアムで演奏を聴いた後は、3階展示室のトリックアートで写真を撮るのも2人の距離を縮めるチャンスです!

体験工房では、お互いの為に世界で一つのオルゴールを作ってプレゼントするのも楽しいのではないでしょうか!

このように、【かんざんじ】はカップルを応援する恋人の聖地なんです!