イベント&ニュース

装飾装飾

装飾装飾

2018.10.10ニュースニュース
スタッフのひとりごと♡10/10

10月6日(土)から11月4日(日)までオルゴールミュージアム2階ホールでは、「からくり人形展~日本と西洋~」を行っています。

1日2回、11:25~と14:25~各回約25分間です。

 

今回は、当館所蔵の4つのからくりを「○○の秋」にちなんでご紹介します。

まずは、「食欲の秋」ということで、飲み物を飲むからくり

『ベンチに座る酔っ払い』

タイトルそのままですが、ベンチに酔っ払いが座っていますね。

お酒を飲む動きをしたり、あくびをしたりします。

彼が酔っ払って寝てしまうと・・・あら不思議、彼の前に置いてあるストリートオルガンの演奏がはじまりました。

なぜなのか・・・ストリートオルガンは、ハンドルを廻して演奏するのですが、彼の上着が廻して演奏してしまっているんです。

彼が目を覚ますと、演奏は終了します。夢の中の出来事かのようです。

 

次は「読書の秋」ということで、本を読んだら手紙を書きたくなる?手紙を書くからくり

『エクリヴァン 手紙を書く道化師』

この道化師は手紙を書く動きを見せてくれます。残念ながら実際に文字は書きませんが、羽ペンをもって書いている手元を見る動きを見せてくれます。彼が眠ると、ランプの灯が弱くなりますが、目を覚ました彼がまた灯を大きくします。

 

「運動の秋」ということで、運動している訳ではないのですが、実際にしたらかなりすごい運動になるからくり

『しゅうせん』

こちらは江戸からくり、日本のからくりです。

箱を引っくり返してもとに戻す。しばらくすると。横についている人形がまわりだします。

しゅうせんとは、ぶらんこという意味です。

箱の中には砂が入っていて、砂が動力となって動きます。

 

「芸術の秋」ということで、芸術的に細かい仕組みのからくり

『シンギングバードボックス』

いつもはただの四角い綺麗な箱にしか見えませんが、ボタンを押すと、中から鳥が飛び出してきます。

鳥はくちばしや羽を動かし、美しくさえずります。

とてもかわいらしいからくりです。

 

写真と言葉での説明でしたが、これらは、実際に動くからくりたちです。実際に動いているところ、見たくなってきましたよね?

ご紹介したからくりたちは、イベントのお時間に登場するかもしれません。ほかにもご紹介していないからくりたちもありますので、

是非、見に来てください。

 

からくり人形展を観たら、からくりほしいなーと思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

当館のショップで販売しています!

それは、「シンギングバードボックス」です。こちら、現代でも作る技術が残っているんですよ。

 

からくりを作ってみたいなーと思われた方におすすめの商品もございます!

 

「曲芸複葉機」

「荒波の帆船」

「でこぼこ道の自動車」

お家で作ってみてください!

 

イベントのお時間以外は、通常の毎時10分~(約5分間)フェアグラウンドオルガンのご紹介、25分~(約25分間)オルゴールの音色を楽しむこともできます。

秋にはさまざまなイベントがありますが、オルゴールを聴いて、からくりを見て、からくりをお家でつくる!

そんな秋の1日を過ごすのはいかがでしょうか?

 

クレジットカード・交通系ICカード・
電子マネー
各種決済方法で
お支払いいただけます。
詳しくはこちら
クレジットカード・交通系ICカード・電子マネー クレジットカード・交通系ICカード・電子マネー